妊娠線ができやすい人とは?傾向と必要な対策について

保湿をし肌を柔軟に保った方が妊娠線を予防できる

そして、そのかいあってか、私の場合は妊娠線ができることなく出産を終えることができました。
妊娠後期は、体重増加というよりも胎児の成長で急激にお腹が大きくなり、妊娠線ができてしまうのではと不安になることもありました。
それでも妊娠線ができなかったのは、保湿を頑張っていたからだと嬉しいです。
ちなみに、妊娠線は急激に皮膚が引っ張られることでできるものなので、双子など多胎妊娠の方の場合もできてしまいやすいとのことです。
このような場合は、予防にも限度があるため、妊娠線ができてしまっても仕方がないかなと感じます。

それでも、一切の肌のケアをしていないよりは保湿をしながら皮膚に柔軟性を保っていた方が、妊娠線ができる量が少なくなる可能性があります。
そのほかにも、乾燥肌の人や皮下脂肪が多い人も皮膚が断裂しやすくなるため、しっかりうるおいを補って保湿ケアをしておくことが大切です。
あわせて、バランスの良い食生活を心がけながら過度な体重増加に気を付けることをおすすめします。

妊娠線ができる人もいれば出来ない人もいる / 妊娠線をできにくくするには保湿と体重管理が大事 / 保湿をし肌を柔軟に保った方が妊娠線を予防できる