妊娠線ができやすい人とは?傾向と必要な対策について

妊娠線ができる人もいれば出来ない人もいる

妊娠してから初めて知り、気にするようになったのが妊娠線です。
妊娠に関する情報を集めようとネットの記事を見ている中で、たまたま目にしたのが知るきっかけでした。
妊娠線は一度できてしまうと産後になってもなかなか消えず、痕が残ってしまうと知り、できる限りできないように頑張りたいなと思ったことを覚えています。
妊娠線について知るうちに私が気にするようになったのは、「妊娠線ができやすい人とは?」という疑問でした。
できる人もいればできない人もいるようで、個人の体質の影響があるのはもちろんですが、それ以外にもできやすい人には傾向があることを知りました。
それは、急激にお腹が大きくなってしまった場合や、皮膚が乾燥している等で硬くなっている場合に起こりやすいということです。
例えば、妊娠中に一気に体重が増加してしまうと、その分だけ体に脂肪がついてしまい、あわせて皮膚も急激に引っ張られるようになります。
その結果、皮膚の伸びが追い付かなくなり断裂してしまいます。
妊娠中は体重が増えやすくなりますし、ある程度の増加は必要なものです。
ですが、適度な体重コントロールをしておかないと、妊娠線ができやすくなってしまいます。
また、少しでも妊娠線をできにくくするためには、肌に柔軟性を保っておくことが大切だと感じました。

妊娠線ができる人もいれば出来ない人もいる / 妊娠線をできにくくするには保湿と体重管理が大事 / 保湿をし肌を柔軟に保った方が妊娠線を予防できる

できてしまった妊娠線・肉割れのボディケア化粧品-ノコア : 妊娠線クリーム